はい、塾長の高橋です!

唐突ですが、偉人ってどうして偉人というか

ご存知でしょうか。

そう、

「すごいから。」

ですよね。

まあ後世になってからすごい!と言われるように

なった人もいるので、一概に「すごいから」

というわけではないのですが。笑

で、今回はシリーズ化の記事を書いていきたいのですが、

何を書くのか。

「孫子の兵法」という言葉をご存知でしょうか。

簡単にいうと、昔の中国の参謀が戦いでの必勝法をまとめたもの

のことですね。

そして、数多くのサイトや本で、現代版孫子の兵法が出ています。

具体的には、「働く」という観点で兵法を当てはめて生かそうというものです!

じゃあそれって

高校生の勉強にもいけるんじゃね!?

と思い、みなさんが知っている人・有名な人・成功した人の言葉を

不定期で紹介して、勉強生活・受験生活に生かしてもらえれば!

と思って記事を書きました!

今日の偉人

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな!   by 織田信長

信長の戦いは、基本的にこの戦略だと言われています。

じゃあこれを勉強に活かすには??

その日、一日の勉強は、やるべきことを、絞ってやれ!!by 春名英語塾

です!

ようは、一日の勉強時間は有限なわけです。

その中で「国語も数学も、社会も英語も・・・・」

なんて土台無理なわけです!

むしろ雑に浅くやってしまい、どれも身にならなかった!!

なんて最悪のことまで起こり得ます。

では、どうすればいいのか。

毎年、当塾で指導しているのは、

「1週間でその科目を1週できるように、ここまでできたら良し!」

ってのを作ろう!→じゃあ一日で割ったらどれだけ必要??

という指導を行なっています。

具体的に

例)1週間 → 英単語800を確認する&覚える!

じゃあ1日あたりの英単語は?800➗7=114…少なくとも120個はやる!

から120個!!!

ただ、新しく覚える範囲や忘れてるいるところの確認もしないと

行けないからそれにかかる日は2日間。

つまり、5日間でやる。800÷5=

1日のノルマが160個

になるわけですね!

逆にいうと、これ以上はやる必要がないんです!!

自分のノルマを達成するにはこれをきちっとやれば

いいだけです。

で、あと残りの科目も同じ手順で!

まとめ

その日、一日の勉強は、やるべきことを、絞ってやれ!!by 春名英語塾

攻撃を一点に集約せよ、無駄な事はするな! by織田信長

の名言から来ています。

信長の場合は戦いに勝つこと。

学生の場合は、受験勉強に勝つこと。

共通項は勝つことです!

で、勝つためには、

細分化して、無駄なものを削ぎ落とす!目移りさせない!

ことこそが重要なのです!!

みなさんも信長のように

受験までに、無駄なことを削ぎ、合格まで何をすればいいか

明らかにしてみませんか?

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。